top of page
背景完成.jpg

潮騒と夕陽に包まれる湯宿へどうぞ

ファミリーで、グループで、ビジネスで

海と山と温泉。どれか一つでも旅の目的になりますが、ここ浅虫ではそのすべてを楽しむことができることから、「東北の熱海」「青森の奥座敷」などと呼ばれ、多くのお客様にお越しいただいております。


 秋田屋は、浅虫のシンボル「湯の島」を正面に見て、海水浴場「サンセットビーチ」までは徒歩1分、海釣り公園も近いシーサイドに位置します。「森林浴の森100選」に選ばれた浅虫温泉森林公園ではトレッキングなどを楽しめるほか、青森県営浅虫水族館にも近いので、ファミリーやグループで様々なレジャーをお楽しみいただくことができます。

青森駅から車や電車で約30分。
弘前市や八戸市、下北半島へのアクセスも良好なので、ビジネスユースやワーケーションにもご利用いただいております。

イメージマップ
アセット 3_2x

最上階の大浴場で

陸奥湾を望み、

夕陽を眺め

心地よいひと時を。

温泉

当館自慢の展望大浴場「渚の湯」は最上階にあり、目の前に広がる陸奥湾と、その海越しに青森の市街地、遠くは津軽富士と呼ばれる岩木山を望むことができます。四季折々に木々の装いで表情を変え、夕陽に照らされる姿も美しい湯の島と、夜は青森市街地のきらびやかな夜景をお楽しみいただけます。
 
女性用大浴場は正面が海、両サイドが壁面となっていますので、外からの視線を気にすることなく安心してご利用いただけます。
 
貸し出し用のベビーマット、ベビーチェアもご用意がありますので、お気軽にお申し付けください。
 
泉質は単純泉(低張性弱アルカリ性高温泉)で香りなどのくせはなく、泉温は59.8度(外気により変動あり)。じっくりじんわり、体と心を温めます。

 

qs1b_bw1200h600
blte_bw920h690

露天貸し切り風呂『わらはんど&めごっこ』

最上階6階には、浅い造りで空を見ながら遊べる露天貸切家族風呂が2カ所ございます。津軽弁で「わらはんど」は「子どもたち」、「めごっこ」は「かわいい子」の意味。お子さまと一緒に、ご家族で空と外気を感じながら温泉もお楽しみください。
*利用期間は7〜9月(気温により営業開始が早まる場合がございます)
*要予約:貸切時間1時間、2家族まで、水着着用

240404-05_asamushi_1811_e1f_jpgmax
アセット 6_2x

郷土料理はじめボリューム&

美味しさ満点の

日替わり創作ビュッフェで

青森のめぇ まま(=美味しいご飯)

召し上がれ

​お食事

レストランを津軽弁で「めぇ(美味しい) まま(ご飯)」と名付けたのは、お好きな料理をお腹いっぱい召し上がっていただきたいという思いから。
 
夕食の先付けには季節の素材を使い、この春は青森県産を使った菜の花のからし和えやタケノコ田楽などをご提供。メイン料理は、板長がたっぷり手間をかけた絶品パスタソースが人気のクリームパスタをはじめ、貝のままのホタテ焼きやマグロの漬け、青森県南部地方の郷土料理「せんべい汁」、ホタテ炊き込みご飯や十三湖のしじみを使った味噌汁など、食べたいお料理をたっぷりお召し上がりいただけます。

240404-05_asamushi_1726_e1f_jpgmax
秋田屋食事ホタテ

朝食は、日本一の生産量を誇る青森県産ながいもを使った「とろろご飯」をどうぞ。“企業秘密”の出汁と2種類の県産とろろをブレンドすることで、絶妙な粘りとみずみずしい歯ごたえ、味わいを演出しています。青森県産の白米に掛けるも良し、梅クラゲ・ウニ椎茸等を混ぜて味変を楽しんでも、味わい深いです。青森の郷土料理「ほたて貝焼味噌(かやきみそ)」も白米にぴったり。朝食で一日の元気を、パワーチャージしてください。

秋田屋食事とろろ
アセット 5_2x
アセット 5_2x
客室

潮騒や海辺の景色に癒されて

ファミリーや少人数でゆったりと

グループや

ビジネスユースにも快適

刻々と変化する日差しや空模様、それを映す海や山の景色を眺めるお部屋時間は、旅の思い出を深めてくれます。当館では、2名様、4名様定員の和室、和洋室から、10名様定員の特別室までご用意がございます。

全館にWifiを完備しており、ビジネスユースのお部屋は、海を眺める窓際にデスクを配し、二重窓で静かな環境を整えています。

秋田屋部屋
秋田屋部屋1
館内施設
アセット 2_2x_edited
館内施設
エントランスのねぶた

エントランスでお客様をお迎えするのは、琵琶を奏する姿も美しい『弁財天ねぶた』。第7代ねぶた名人竹浪比呂央氏が製作し、2022年の青森ねぶた大賞を受賞した『龍王』の送り絵として作られました。

海とともにある浅虫温泉。海沿いの見晴らしのいい小山に建てられた社殿には水に関する神として信じられる八大龍王を祀る八大龍神宮があり、それに呼応するように湯の島には赤い鳥居の奥に小さな社殿があり、同じく水と芸事を司る弁財天が祀られています。

 
海とともに生き、「ねぶた発祥の地」と言われる浅虫温泉の歴史と地域の暮らしを感じていただければ幸いです。

240404-05_asamushi_1775_e1f_jpgmax
キッズスペース

雨の日や寒い季節にもお子さまが楽しく遊べて保護者の方も安心して見守ることができるキッズスペースを、リニューアルオープンに合わせて設けました。
フロアーには浅虫の夕陽と海をイメージしたオレンジとネイビーの配色の柔らかい素材を用い、滑り台や輪投げなど体を動かして遊べる遊具のほか、絵本なども揃えております。

お子さま連れでご宿泊のお客様は、無料でご利用いただけます。

場所:1階ロビー   利用時間:15〜21時・7〜10時

秋田屋内観1
レストラン ME MAMAーめぇままー

135畳分の広さを持つレストラン「ME MAMA」は、団体予約のお客様などご利用人数により3分割まで仕切ることが可能です。窓際のお席は、暮れ行く湯の島や朝日を浴びる海辺の景色を望むことができます。

 

ご夕食の日替わり創作ビュッフェ、ご朝食の体に優しいできたてビュッフェ。青森食材満載のお食事をゆったりとお楽しみください。

秋田屋内観2
レストランME MAMAーめぇままー
240404-05_asamushi_1929_thumb_edited_edited.jpg
アセット 2_2x_edited
周辺観光

夏泊半島の基部に位置し、浅虫夏泊県立自然公園の一角にある浅虫温泉は、

コンパクトなエリアでありのままの豊かな自然を体感し、

四季を通してレジャーやアクティビティを楽しめる場所です。

思いのままに、海へ、山へ、お出かけください。

アセット 2_2x_edited
​アクセス
アクセス_車
アクセス_電車

事前にご連絡いただけましたら浅虫温泉駅まで送迎に参ります

アクセス_飛行機

事前にご連絡いただけましたら浅虫温泉駅まで送迎に参ります

アクセス
周辺観光
アセット 2_2x_edited
ご予約・お問い合わせ
秋田屋ロゴ

〒039-3501 青森県青森市大字浅虫字蛍谷293―12

TEL 017-752-103110時〜18時 日曜定休) 

浅虫温泉共同予約センター

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
bottom of page